HOME | 技術・品質

Technology and quality

VA

VA提案 | 曲げ加工とプレス加工の同期化

従来の加工方法

複数の加工工程作業が必要な従来の生産方法に対して、CNCワイヤーフォーミングやNCパイプベンダーを用いた生産方法では、品質安定・コスト低減・生産性向上のVA提案が可能です。

  • ①曲げ
  • ②タンデムプレスによる潰し
  • ③タンデムプレスによるトリムピアス
VA 従来の加工方法
新工法

自動車関連部品のスペアタイヤキャリアやアクセルアームなどのバー材に対して、各種プレス加工設備を複数回使用する従来の加工法から、1基の設備による加工法にて各種の部品を生産しています。従来の曲げ→潰し→トリムピアスの3工程を、新工法では端末加工機と曲げ加工の同期化によって1工程で済ませることが可能です。

  • ①端末加工機
  • ②潰しトリムピアス
  • ③曲げ
新工法

VA提案 | 曲げ加工とヘッダー加工の同期化

従来の加工方法
  • ①ヘッダー加工
  • ②プレス曲げ 01
  • ③プレス曲げ 02
VA 従来の加工方法
新工法

マフラーハンガーをはじめとした、3次元形状の直線材に必要なヘッダー加工と複数回のプレス加工を1基の設備で加工する新工法です。上記の工法と同様に品質安定・生産性の向上やコスト低減のVA提案が可能です。

  • ①端末加工機
  • ②3D曲げ
新工法

VE

VE提案① | 複数構成部材の1体成型部品化

複雑形状の製品の場合、プレス加工を複数回行った後に溶接ASSYを行いひとつの製品を形成しますが、その際の生産タクト、加工精度など様々なリスクが増えてしまいます。当社では新工法の加工技術で1体成型による部品製作のVE提案が可能です。
一つの製品を作る方法は、いくつかの方法がありますが、三重コンドーでは技術・生産のスタッフが過去の経験と独自の経営資源を生かし最適の生産手法を用いて「品質、価格、納期」の最適化を実現します。また、製品が必要とする機能を満足させる為に、最適仕様の提案にも積極的に取り組んでいます。開発・試作・量産まで対応致します。

複数構成部材の1体成型部品化
複数構成部材の1体成型部品化
2部品構成
プレス多工程+溶接
1体成型
ワイヤーフォーミング加工(1工程)

VE提案② | HV/EV/PEL用BUS BAR 丸棒化

銅板を使ったプレス加工によるバスバーは、曲げ形状が複雑になると材料歩留りが悪くなります。(写真中央 想定40%~35%)
銅丸棒材に変えることにより、材料歩留りが向上します。(写真実績品 投入材料/96g 完成品/75g 歩留り率78%)

板金プレス加工
ペンダー+端末潰し
板金プレス加工
ペンダー+端末潰し

技術課設備紹介

社内での加工により金型、治具、QA機など独自のノウハウを取り入れた自社制作が可能です。

マシニングセンター ワイヤーカット
マシニングセンター
ワイヤーカット
CAD室 CATIA V5
CAD室
CATIA V5

品質保証

各製品に応じた計測機器(検具・万能試験機・投影機器等)を駆使し製品品質保証を行っております。
また、自社で設計製作したQA機などにより更なる高品質実現にも取り組んでおります。

測定 万能試験機
測定
万能試験機
検査室 寸法検査装置
検査室
寸法検査装置
〒519-0212 三重県亀山市能褒野町字大野2067-2 TEL.0595-85-1211(代表・総務) FAX.0595-85-1210

●営業部営業課 | TEL.0595-85-1212  ●製造部業務課 | TEL.0595-85-1213  ●製造部品質保証室 | TEL.0595-85-1311
●製造部技術課 | TEL.0595-85-1429  ●製造部生産課 | TEL.0595-85-1430・TEL.0595-85-1490

トップページへ移動